忍者ブログ   
admin
  紙皿屋に勤める負け犬さんが紙皿関係のことを日々徒然綴ります。
                       
   
そろそろ時効かなと思うのでちょろっと暴露してしまいます。
先日の能登半島の震災絡みで、お得意さまから紙ボウルの支援のご依頼を頂きました。
その辺の経緯については省かせて頂きますが(^^;)

紙ボウルの送付に関して少しお聞きしたい事があったので、災害対策本部様にご連絡を差し上げた時のこと。
なかなか話が通じない。
どうやら先方では、「紙ボウル」という物がどんな物なのかを、耳で聞いただけでは想像できなかったようなのです(HPでの義援募集の記事でも「紙トレー」と記載されていましたし)。
で、会話していてわかったのですが、

どうやら被災地で使用されていた使い捨てボウルは、発泡スチロール製の物だった模様。

ちょっとショックでした。
だって、発泡スチロールって、「燃やせないゴミ」でしょ?
そうでなくても倒壊した諸々の業務廃棄物が多い被災地で、毎日毎日ゴミが増えていくって事じゃないですか。
そりゃもちろん、今はダイオキシンの問題がありますから、紙ボウルだってその辺でたき火に使うって訳にはいきません。火事も心配ですしね。
でもうちの紙ボウルは「燃やせる」んです。
それってかなり重要ポイントだと思います。
だって、使い終わったら燃やせるってだけじゃなく、震災支援が終わった段階で余って邪魔になったとしても、段ボールごと焼却炉の中に放り込んで終わりにできるって事なんですよ。
熱伝導率の問題はあるかもしれませんが、被災地で使用するなら、できるだけ「燃やせる」ゴミになる物を使っていただく方がいいんじゃないかなぁ。



そんな訳で、もしこのblogを御覧の方が「紙ボウル」という物をご存じないようでしたら、是非こちら(→)の紙ボウルを見て下さい。
うちの紙ボウルは燃やせます!
あ、それと、HPではオリジナル品のロットが凄い数で載ってますが、一応1ケース(1600枚)からでもオリジナル品作れます。単価が高くなっちゃいますけども。
今のところ大々的にやってるのは紙皿の別注オリジナル印刷の方ですが、紙ボウルも対応できますよ。メーカーですから!単価が高くなるけど。
……えーと、金額の目安は、通常の10倍くらいかな(苦笑)






そして本当は来月1日から新製品を発売するんですが、市場に出回って無くて(金属製やプラスチック製はあるんだけど、紙製の物がないんです)需要量が読めないから数ヶ月は得意先だけへの連絡に留めるんだそーです。
夏の終わりにはHPでも宣伝できるかな?
お楽しみに!
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:負け犬さん
性別:XX
最新TB
(07/17)
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 紙皿屋さんブログ ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++